人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

ワイナリー情報

ウンドラーガ(チリ)

前のページへ戻る

チリワインのパイオニア
1885年にフランシスコ・ウンドラーガ氏により設立されたチリで最も歴史あるワイナリーの一つ。
伝統と品質を重視したワイン造りによって、今日ではチリを代表する名門ワイナリーとして君臨し続けています。


多様なテロワール × 品種の個性
チリのワイン生産地は、南北1,400km(南緯27〜39度)に及びます。
良質なワインを生み出す環境が整っているチリは、各生産地によってテロワールが大きく異なるという特徴があります。
ウンドラーガでは、チリのテロワールの可能性を追求し続けています。
また、品種の個性も重視しており、なるべく手を加えず、ぶどうが本来持つ自然な味わいを表現しています。
ウンドラーガは、品種の個性を活かし、多様なテロワールと掛け合わせることにより、 洗練された高品質なワインを造り出しています。



注目のワイン醸造家 ラファエル・ウレホラ Rafael Urrejola
ラファエル・ウレホラは、チリのみならずブルゴーニュ、アルザス、カルフォニア等で経験を積み、2007年からウンドラーガに加わりました。現在ではヘッドワインメーカーを務めます。
今後の活躍が大いに期待できる注目の醸造家です。

2010年 Chilean Circle of Food & Wine Writersにて ワインメーカー・オブ・2009 受賞
2014年 英国ドリンク・ビジネス誌 世界の若手醸造家トップ30 選出
2014年 インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)
ワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤー2014のファイナリストに選出